私たちは許しを求めます。後 - 私はドナ

私たちは許しを求めます。後に

コービス

さあ、私たちもそれをやる。すべて、またはほとんど。私たちは城壁の外のコミットメントを持っている場合、我々は偉大見越して発表し、我々が知っておくべきことを私たちは「フォーム」に記入していたとして、私たちは同僚に送信された電子メールの最終ラウンドでそれを確認することを宣言し、多分知らない多くのカップル今までに。学校で男の子の会議、家族の機会、特別委員会。

情熱とautodenunciano作業通常の議題の行を分割し、各出力での女性彼らはまず許可を求めます。ずっと前から。男性は一緒になっている。彼らは成功する。彼らは流暢に、おそらく世俗的なプロのプロファイルによって訓練を行う。彼らはそれを行う方法を知っています。何かあれば、後で彼らは許しを求めます。私たちはいつもそれを感じました – それはちょっとしたことです – そして今、証拠があります。これは、アメリカの研究によって、いつものように、慎重に ニューヨークタイムズ。この研究は、 非常に長い労働時間に直面する人々: 週80/90時間ほとんど毎日朝から晩までを意味します。
「緩い」の割合が – 行くと戻ってくる、私はおそらく、「緩い」よりも、私があった場所を教えてくれ三から一です。いくつかの極端な男性の場合、画像は となりのサインフェルド – 車は「オフィスの前で目立つように駐車し、永遠にそこに残って、それが到着すると、彼女が離れたときに再び彼女を見たときに上司がそれを見て、しばらく – より良いビッグデータ生活の中で物事を伝える古いシチュエーションコメディを使用しますあなたは他の方法で家に帰ってきました…許してはいけない、私たちも許してください。

//blog.iodonna.it/barbara-stefanelli/のバーバラステファネッリによって他の介入

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
このポストのように?あなたの友人に共有してください:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: