政府の数と機会均等:プログラムには女性の話はほとんどありません

19日の5人の閣僚、うち3人は財布なし。 変化の政府 Lega-M5Sプレートにほとんど、そして 機会均等省なしで (これに関しては、Letta政権で最後に見たものだった。Renzi政権では、大部分はまったく別の場所で忙しかった)。たとえ議論されるべきであっても、それは大臣の数と資格を議論することだけの問題ではありません:弁護士 ジュリア・ボンギオルノ それは、行政省との連盟の立候補に対して補償されますが、ポートフォリオはありません。同じことが当てはまります。 ステファニエリカ 地域問題(リーグ)へ バーバラレッツィ 南で(M 5 S)。ヘルスポストの数 ジュリア・グリッロ (M5S)との防衛 エリザベッタトレンタ リーグの。この最後の選択は、スペイン、フランス、そしてイタリアでは、これまでに統合された傾向の確認です。 防衛は何年もの間女性特権です。しかし、防衛政策は超国家的レベル(特に生まれ)で、そして外務省によって管理されています。

悪い絵: "はい、ほとんどありません。間違いありません。しかし、彼らが仕事で会うのを待ちましょう。彼らがどれだけ女性の世界から来る多くの必要性を解釈することができるであろうかは、重要になるでしょう」と彼が言います リンダ・ローラ・サバディーニ、社会統計学の優れた専門家。

また、読んでください:彼らが誰であるか、そしてコンテ政府の5人の大臣はどこから来ますか。

リンダ・ローラ・サバディーニ

契約では、単語「女性」が半分の小さなページに表示されます。
もっと広い議論をしましょう。ノーザンリーグとペンタステライトの過激派に提出された政府契約は、その最終版では、カウントされます 58ページ; 「女性」という言葉は半分の小さなページにしか現れない「見出しの下に家族と出生に関する方針」。この文章は、空のクレードルに対するリーグの懸念と、女性の職業に対するより適切な5つ星のものの混在です(これは、契約が作業に専念しているという段落には記載されていません)。これらの方針は家族のために何と言っていますか?家族の福祉は、「イタリアの家族のための無料の保育園、女性、高齢者、高齢者のための政策、郊外への支援」など、すべて資金調達する必要があります。 「出産後に仕事に復帰する女性への支援」や「出産後に母親が仕事を続けられるようにする事業に対する減税」に加えて、「女性に家族と労働時間の調整」を許可する必要があります。後者は非常に実用的な考え方ですが、企業はすでに母親を差別しないように法律で義務付けられています。 「私を他の人に納得させるものがいくつかあります」とSabbadiniは言います。 「例えば、和解措置に尽力するのは正しい。社会政策は投資ではなく費用と見なされるため、それについて話す、話す、そしてほとんど、あるいは何もしない。」

育児許可の誘因に言及していない
しかし、上流では、 契約に含まれていないため、父親の許可に関連するインセンティブや義務への言及がすべて輝くそれは他のヨーロッパ諸国(ドイツ、フランス)では、子供や家族の世話への男性の参加を増やすための、そしてそれ故に仕事の世界での女性の存在を増やすための重要な鍵でした。少なくとも公式に 女性の失業率は50%です (宣言されていない仕事も別のものですが、女性が黒人で仕事をすることは偶然ではありません)。契約は、女性が家族と仕事を両立させるのを助けることにのみ関係しているようです。家庭内医療を再分配しないこと。 「共有政策もまた開発されなければならない」とSabbadiniは言う、と父親がより多く存在しているので。そして巣をアップグレードしても大丈夫ですが、すべての子供たちがそれらを使用できるようにしなければならないことに注意してください。

フォンタナ、家族のための大臣は、クイリナーレに到着します。

家族相はどのように動くのでしょうか。
再度:コンテ政府で彼は生まれた 家族および障害者のための省。並置は興味があります。しかし、論理的には、家族のための政策は、に委託された教会を通過します。 ロレンツォ・フォンターナ。ノーザンリーグの政治家は宣言された反中絶専門家である(私たちは194年の法律が危険にさらされるかどうか、あるいはいつ危険にさらされるかを見るでしょう)。フォンタナはまた、安楽死であり、マーリン法の撤廃と非公開住宅の再開を提案しています。しかし、彼が繰り返し言っているように、それはまた「自然な」家族、「男性女性と子供たち」からなる家族のためのものです。そしてまた繰り返しますが、「支配的な宣伝は疑問を投げかけ、自然の家族を弱体化させます。彼らは、移民が人口減少のギャップを埋めるのに役立つと私たちに言います。したがってここで一方では家族の弱体化と同性愛者の結婚のための闘争...他方で我々が受ける大衆移民はProvita Onlusによって促進された「人生の祭り」で宣言された。

「機会均等」という言葉は価値を失いました
私たちはまた、障害者のためにミニストリーが果たすことのできる役割についても議論しなければならないでしょう(家族と並んで、女性の世話を任されています)。それはJacopo Melioのような障害者によってこれらの時間に争われているミニストリーです。 障害者政策は保健、教育、労働を通じて行われるインフラ:実際には、契約の障害者専用のページには、包含、学校教育、建築障壁の除去、共同住宅が記載されています。フォンタナのミニストリーは、ポートフォリオもなしに、調整機能に役立つ可能性があります。
しかし言葉は重要です。 それは、すべての弱い主題にとって、政治的目的の意味を持つであろう包摂省ではありません。障害のそれです。より機敏で消化しやすい処方 ただし、目的ではなく主題を示します。私たちが平等機会省(主に女性を対象としているにもかかわらず、女性でも家族でもない)を持っていた場合、式は共和国のすべての主題を平等に表現する意図を示しています。実際には、政治プロジェクトは変化の政府にスペースを持っていないようです。

«副事務局が機会均等のために提供されることを願っています。私たちは絶対にそれを必要としています」と、Sabbadiniは結論付けます。 「女性に対する暴力とジェンダー主流化に対する戦いは、恒久的な政治戦略を必要とし、影を落とすべきではない」と述べた。