サンレモ2018。ジョヴァンニ・カッカモ著「エテルノ」のテキスト

歌の歌詞 永遠のジョバンニ・カッカモ、BIGカテゴリーの2018年サンレモフェスティバルに出場。

永遠の
G. Caccamo - Cheops - G. Caccamo
編集シュガーミュージック/ユニバーサルミュージックイタリア - ミラノ

私は今それを感じます
奇妙な何か、永遠の何か
彼は私の手を握っています
そしてこの人生のすべてのページ
私はそれらを私の指の中に持っています
私たちの手を取って私たちは遠くに逃げます
霧のない世界、怒りのない世界
私たちの中に閉じ込められて、あなたと私は永遠に
私たちの難破船は別として、何も望んでおらず、何も探していません。
私たち以外何もない
愛が救うことができ、何も望んでいないこと以外に何も理解してはいけない
あなたの目だけ、あなたの目は永遠に。
私はこの瞬間が時間の経過とともに残ると思います
それは一人のままで、それは贈り物のままです、
私が決して去ることができないであろうことは宝のままです
私たちの手を取って私たちは遠くに逃げます
霧のない世界、怒りのない世界
私たちの中に閉じ込められて、あなたと私は永遠に
私たちの難破船は別として、何も望んでおらず、何も探していません。
私たち以外何もない
そして愛が救うことができる以外に何も理解しないでください、何も望みません
あなたの目だけ、あなたの目は永遠に。
私たちは星のような他の人から遠いです、私たちは同じ肌です、
私たちは別れを告げずに、私たちは空気中に解放される美しさです。
砂の上を同じ方向に波をたどります。
二度と立ち去ることなく、何もしたくない、何もしない。
そして愛が救うことができる以外に何も理解しないでください、何も望みません
あなたの目だけ
あなたの目を永遠に。
私は今それを感じます
奇妙な何か、永遠の何か
彼は私の手を握っています
そしてこの人生のすべてのページ
私はそれらを私の指の中に持っています。