マスコバードシュガー、ポークチップス、遠心分離

味のバランスをとるために、私はいつも各皿に甘さのつまみを入れます。しかし、私にとって甘味が必ずしも一般的に理解されている砂糖を使用することを意味するわけではないので、控えめにそれを使用すると言いましょう。味のバランスは良いのですが、私は健康も気にします。それが私がフルクトースを好む理由です。 私はレシピを作るのによく果物を選びますまたは私はステビアを使用します。カロリーのない非常に効果的ですが天然の甘味料です。それから私は未精製のサトウキビの砂糖が好きです、そしてまたその甘草の後味のために:私はそれが別の風味と純粋な甘さを組み合わせるのが楽しいと思います。もちろん、私は精製白糖も使いますが、そうすると、もっと簡単に溶けることで原料をあまり加熱しないようにして「尊重する」ことができる非常に細かいものを選びます。

マスコバードシュガー、ポークチップスおよび遠心分離機。 4人用の材料: ポークチップス600g、ニンジン230g、セロリ1本、タマネギ1本、オレンジ1本、バター、パン粉、コーンスターチ、ピーナッツオイル、マスコバードシュガー(未精製の杖、強烈な風味)糖蜜)、塩。

Davide Oldaniさんとのチャットのレシピのレシピを読む