1年後の地震:ウシー​​タのミケラの羊

冬には雪は高さ2メートルに達し、夏には猛暑になり、牛がいます。高地では、食べ物がなくなる危険性があります。 牧草地は乾燥しており、水は乏しい。 30歳の子供2人の子供の母親であるMichela Paris(30歳)はあきらめません。それはイタリア中部の地震を被った農民の一人です。彼は、シビッリーニ山脈の海抜740メートルの小さな町ウシータに住んでいます。ヴィッソとカステルサンタンジェロ・スル・ネラと一緒に、2016年10月26日の地震の震源地.

地震と困難にもかかわらず、若いブリーダーは山にとどまり、彼女のプロジェクトを実行しようとすることに決めました: 品種を回復する Sopravissana、シビッリーニ家の先住民の羊 そして彼は絶滅の危機に瀕していたのです。 「私は2016年の春に100個の衣服を使って会社を開設しました」とMichela Parisは語った。 IoDonna。 「私の祖父と私の祖父はブリーダーでした。私は、彼らのことを調べて、彼らの羊のために正確に取ったたくさんの賞を見つけました、そして私は自分自身に言いました。 今私は300匹の動物を飼っています。 私は前にそれを信じていました、そして、今さらにそれを信じます。」

Michela Parisは彼女の動物のための干し草を降ろします。写真バーバラ・リギニ

ミケラは決心して笑っていて、いつも前向きです。 "私たちには使用できない厩舎があり、私たちはホームレスです あなたがそれについて考えるなら、それは何もないです。 Amatriceのために彼らの愛する人を失った人たちがいます。家はいつでもやり直すことができます "避難命令で、彼女と彼女の家族のための生活は、地域のほとんどすべての住民と同様に、非常に複雑でした:"私の夫ステファノはここに居ました。牛は世話をする必要があります。羊に加えて 私たちは子牛と子馬を持つ60頭の牛を飼っています。。私は子供たちとキャンプ場でRecanatiに行きました:彼らは幼稚園に行かなければなりませんでした。子供のために海にいることはそれほど心的外傷性ではありませんでした。彼らはそれを休暇のように過ごしました。サンタは10回行った」

写真バーバラ・リギニ

冬を通してそして6月までのミケラ 彼は一日に260キロを旅した片道130km、帰り130km、そのうち山道ではウシータの夫にたどり着き、繁殖を手伝った。今家族は友人によって彼らに貸されてきたキャンピングカーに住んでいます。 彼らは緊急の厩舎と納屋を要求しました マルケ州には行きましたが、それでも、最初のショックから1年経った今でも、彼らは乗っていません。 「冬の間、私たちは少なくとも牛を使用不可能な厩舎に移動させなければならなかった。壁は安全ではないので、その壁から離れようとしたときには気をつけた。

Michela Parisの声には、差別の兆候や苦情のトーンはありません。彼女は自分の仕事に集中しすぎています。 家族は友人からの贈り物として木造住宅を受け取りましたしかし、それをインストールするための認証は到着するのが遅いので、日陰の35度で、4人全員はエアコンなしで、キャンピングカーの中に残ります。週2回ミケーラと彼女の夫は、ヴァル・ディ・ボーブ(1300m)で放牧牛と馬に到着します。彼らは必然的に徒歩で行かなければならない、彼らは帰りの間に歩いて4時間である: "道は中断されていて、上がることはできません。 小石が山から絶えず降りてくる、歩くのも危険です。先日、小さな地すべりが止まるのを待って30分止まった。それほど激しくはないが、ここでも衝撃がある。」

ミケラは落胆しないで先を見越して、状況はまだ非常に不安定ですが、彼女は計画を中止しません。 sopravissanaは牛乳をほとんど生産しない品種です。、品質が、ウールは通常有益です。私はプロジェクトと連絡を取ったpecuniaこれは、グランサッソ公園を拠点とし、イタリアで生産されたウールの回復と強化を目的としています。私のプロジェクトの中には、sopravissana、したがってすべての派生物のためにDOPの承認を得るというものもあります。私は他のブリーダーと一緒にやり方を理解するために働いています。私は羊を一つずつ知っている そしてそれこそまさに私を推し進める情熱なのです」とブリーダーは結論づけています。

フォトギャラリーへ

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...