Claudia Zanella:「だからこそ私はローフードの朝食を選んだのです」

果物を食べるのに最適な時期は断食の朝です。実際、朝早くから私たちの体はまだ浄化の過程にあります。それは内部の毒素を取り除こうとします。実をつけることで、私たちは彼を飽きさせずに、この繊細な任務で彼を助けます。家では、私は皆のために朝食を準備するのが好きです。私は老いも若きもに役立つことができるレシピを試します。今日は生のフルーツの朝食を選びました。そして私の驚いたことに、その少女もそれを食べた。

レシピ:

それらを柔らかくするために半カップの水の中に2つの日付と2つの乾燥アプリコットを入れてください。約20分後、バナナと半分のリンゴ(日付とアプリコットに浸された水の大さじ2杯を加える)とそれらを一緒に混ぜ合わせてください。シナモンと5-6のみじん切りのアーモンドのピンチにほこり。

美味しくて活気のある朝食であるだけでなく、ビタミンやミネラル(カルシウムや鉄など)も非常に豊富です。

室温でも冷蔵庫で1時間後にもおいしい。